平均的な費用

memorial

こうした諸費用を合計したものが葬儀費用として請求されますが、150〜200万円程度かかることも珍しくはありません。近年では130万円程度が平均的な費用と言われています。

Read More

当日の手順

funeral service

葬儀では、親族、近所の人たちが助け合って、弔問客に対応することになります。このような時に、会場の受付を任されるケースが多々あります。受付というのは、弔問客に記帳してもらったり、香典を受け取るなどの役割があります。

Read More

お通夜と火葬

funeral service

私たち残された家族は父親の遺言書に従い、お通夜と火葬は家族だけで行うことにしました。火葬場には母親と私の家族と姉の家族だけが集まり父親の最後の姿を見届けました。

Read More

手間が省ける

大切な方が亡くなって何もやる気がおきないなら神戸で遺品整理をこちらに頼みませんか?心の整理もつけていきますよ。

最大3社からお見積り情報を得られますので、利用する業者を素早く見つけることができますよ。遺品整理業者探しならこちらがおすすめ。

遺品整理を長びかせない為にも、1日も早い依頼を。

故人の遺品整理に頭を悩ましている遺族は、想像以上に多いでしょう。 遺品整理というのは、肉体だけでなく、精神的にも負担のかかる作業ですので、途中で挫折し、放置したままの遺族も少なくありません。 そんな悩みを僅か1日〜2日において全て無くしてくれる業者がいるとしたら、利用しない手はありませんよね。 こうした業者は遺品整理サービス業と呼ばれ、遺品の整理には必ず遺品整理士の認定資格を所持した人間が携わります。 ですから、素人である遺族が行う遺品の分別作業も迅速に行え、 一切の無駄が出ない状態で遂行する事が出来るのです。 ただ、こうしたサービスを利用する際に注意して頂きたいのは、 作業現場に必ず遺族が立ち会うという事です。この点をないがしろにしてしまうと、 遺品の誤処分による業者とのトラブルに発展しかねませんので、気をつける事が必要です。

業者が行う全ての事。

このような遺品整理サービス業者が行ってくれるのは、遺品の整理だけではありません。勿論、遺品整理を前提としたものですが、リサイクル、廃棄処分以外で買い取れるものがあれば、直接現金で買い取ってくれる業者もいます。 また、遺族がお願いすれば、遺品の供養等も、神職や僧侶を直接故人宅に招きしてくれますので、そのような遺品があればあらかじめ伝えておく事が大切です。 そして、作業が全て終われば故人宅の清掃、脱臭も行いますので、 遺品整理に関してはまさに1から10までお任せ出来ると云った感じです。 遺品整理を業者に頼む事を、どこか後ろめたく思われている高齢の方もいらっしゃるのですが、こうした遺品整理専門業者を利用する事で心の余裕が出来、故人を静かに偲ぶ時間も増やせるのではないでしょうか。

利用者が年々増えている神奈川の霊園は、綺麗な環境だと有名になっています。交通アクセスもいいので、家族にとっても嬉しいですね。