平均的な費用

memorial

平均的な費用について

葬儀には様々な項目があります。棺や祭壇、霊柩車など、葬儀に絶対必要なものの中にはそれぞれランクが設定されていて、そのランクに応じた費用が設定されているのが一般的です。こだわりがないという場合は簡素なものを利用すればよいですし、花をたくさんあしらったような豪華な祭壇にするとなるとその分費用も高くなります。 一方で、料理や香典返しなど人数によって定まる費用もあります。こうしたものは当日参列される方の人数を想定し、若干多めに用意するものです。

近年における特徴について

近年では葬儀費用そのものが縮小傾向にあります。日本では家族や親戚をはじめ、友人・知人など大勢の方が参列するのが一般的な葬儀形式ですが、時代の流れで人間関係が希薄化し、参列者そのものの数が減少していることも影響しています。 同時に、近年では葬儀費用を抑えたいという要望が強くなっているという特徴があります。遺族側からの要望を受けて、葬儀社では様々なプランを用意し、中でも格安で実施できるとして家族葬を大きく打ち出すところも増えています。家族葬はあらかじめ人数が限定されるため、葬儀費用が算出しやすいだけでなく、少数になるため費用そのものも縮小できるという点が大きなメリットです。こうした費用に関する要望は今後も強くなると見られていて、さらに費用が下落することも期待されています。