当日の手順

funeral service

受付の仕事の当日の手順

ここでは、受付係を頼まれた場合の、当日の手順をお教えします。まず、葬儀場に行く時間は、開式1時間前には必ず到着するようにします。葬儀場に早く到着する人もいるため、早めに到着することが重要です。そして到着したら、すぐに喪家全員に挨拶をします。 その次に、受付の役割分担が行われます。受付係は、自動車の駐車を担当する係、式場への案内係、返礼品を渡す係など細かく分担されます。担当する仕事は、葬儀担当者とよく相談をして役割を決めていきます。仕事でわからないことがあれば、葬儀担当者に直接尋ねれば良いでしょう。

受付の仕事で気をつけること

葬儀の受付というのは、葬儀の顔となります。よって、会葬者に対して礼を持って接することが大事です。具体的な仕事の内容は、まず会葬者が来たら一礼をして迎えます。そして、香典を受け取ってから、芳名帳に記帳をお願いします。芳名帳への記載は、氏名、住所、電話番号などを記入してもらいます。弔問客の記帳が終わったら、お礼を述べながら返礼品を渡していきます。預かった香典は、泥棒に遭わないようにきちんと管理します。 また、会葬者が葬儀場に早めに到着した時は、まず受付を済ませて待合所へ案内します。必要に応じて、受付係が会葬者のコートなどの持ち物を預かることもあります。その他の仕事としては、弔電やお供物、供花が届いたら、速やかに葬儀担当者へ報告します。